1-3.機法一体の南无阿弥陀仏

前回、「至心信楽欲生我国・・・若不生者不取正覚」が南无阿弥陀仏であることを述べましたが、蓮如上人は機法一体の南无阿弥陀仏と言われました。 もともと、「機法一体の南无阿弥陀仏」という用語は、安心決定抄に登場する用語です。この安心決定抄において…

1-2.十八願中にある南无阿弥陀仏

「至心信楽欲生我国、乃至十念、若不生者不取正覚」 十八願に上記の文があります。十八願の成就の文には、「聞其名号信心歓喜乃至一念即得往生住不退転」とあります。この十八願文と十八願成就文との対応関係を考えてみますと、十八願文の「至心信楽欲生我国…

1-1.阿弥陀如来の救いッぷり-十七願と十八願とその成就文

阿弥陀如来の救いッぷりは意外も意外、想像すらできなかった。これが如来の救いであるならば、こんなにたやすい救いはない。 如来の選択の願力(十七願と十八願)は、釈迦に大経を説法させ、その教えが七高僧から祖師へと伝わり、浄土真宗となって今私が聞いて…

私の言いたいこと

私の言いたいことはシンプルです。 回向された如来の願心を仰ぐ。口にはときどきお念仏。これだけです。 最初に如来に願心あり。浄土の完成を告げる御名が回向され信と念仏になる。信も念仏も、如来の願心によって私に生じ起こることが遠い昔から決まってい…