読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3-2.悪人正機 

A君 Cさんは「悪人正機」についてはどう思っているの?

 

Cさん 私は罪悪感が強いので、悪人正機の悪人とは私のことだと思うわ。A君は
そうじゃないの?

 

A君 僕は罪悪感はほとんどないね。自分は善人だと思っているので、悪人正機
聞いたって、善人も正機だと思ってしまうね。

 

Cさん へーッ、そうなの。そんなことを言う人、はじめて見たわ。

 

A君 そもそも、凡夫に善人と悪人がいるのだから、ことさらに悪人正機を強調す
るのは間違っていると思うよ。それに、善人は悪人になりうるし、悪人は常に悪いことをしているわけではないし、善行をすることもある。だから、一概に善人と悪人とを固定してしまうのは間違っていると思うね。 

 

Cさん 善人と悪人との区別は相対的だし、善人と悪人が固定されているものでは
ないのは、そのとおりだけど、悪人正機の意味を間違って理解していない?
悪人正機は、如来の大悲心は苦ある者にひとえに重しということなのよ。それに、ここでいう悪人とは道徳的な善悪を問題としているのではなく、自分の心のあり方に見つめたときに感じられる悪性ということなのよ。

 

A君 僕は、自分の心に悪性があるということは分かるよ。でも、そのことで悩む
ということはないんだ。生まれついてのものでどうしようもないのだから、ことさらに苦しむということはないんだ。それに、人生で苦しんでいるのは、善人悪人を問わず、苦しんでいるよ。僕なんかいつも経済的に苦しんでいるもんな。

 

Cさん それは大変ね。A君は性格まじめで誠実そうに見えるけど、商売へたそう
だもんね。

 

A君 だろ。それに病苦、老苦や死苦は免れようがないだろ。どうにもこうにもな
らない人生で苦しんでいるのは悪人だけじゃないさ。だから、凡夫であるかぎり、大慈悲を受ける資格は誰にでもあるってことさ。

 

Cさん そうね。そう思うわ。でもね、悪人だと自覚している人から見れば、如来
の大慈悲心は、自分への慈悲心だと強く感じるのよ。だから、親鸞聖人も親鸞一人がためなり、と喜ばれたのよ。

 

A君 それは、そうだと思うね。罪悪感や無常感に応じて大悲心の受け止め方は、
人それぞれだね。祖師は罪悪感を吐露しているけど、無常感を感じさせる御文はほとんど無いように思うね。それに対して、覚如上人は、本願は短命の根機を本としたまへりと言われているよ。大悲を受ける側の自覚によって正機の捉え方が違ってくるんだよ。

Cさん 同感だわ。でも、A君は、親鸞聖人が自己の悪性を見られたほどには自分
を見ていないから、悪人正機が自分のことだと思えないだけなのよ。

 

A君 おっと。そうきたか。それを言われたら、反論できないなぁ。
ところで、煩悩がそのまま喜びの種になると言うが、あれは嘘だね。

Cさん どうして? 慈悲は自己の煩悩中に見る、っていうじゃない。煩悩を知ら
されれば、大悲心をより強く感じるわ。

A君 それはそうだけど、僕が嘘だというのは、煩悩は煩悩のままで煩悩がそのま
ま喜びの種にはならないってことさ。Cさんが喜んでいるのは、煩悩をきっかけとして大悲心を喜んでいるのだろ? 喜びの種は大悲心そのものであって、煩悩それ自体が喜びのもとではないってことさ。

Cさん そういうことね。分かったわ。最初の問題を確認しておきたいけど、やっ
ぱり、悪人正機説は間違っていると思っているの?

A君 悪人正機をことさらに強調するのは、誤解を招くことにならないかと危惧し
ているんだ。間違っているとは思っていないよ。つまりね、悪人正機というのは、極悪最下の悪人に焦点をあてて如来の救いはその悪人をも救うという如来の大悲心を説く教説なんだけど、これは、如来の大悲心においては最下の悪人も救われる。いわんや善人も救われるということなんだよね。

A君 これは、ある人が僕に話してくれた例え話なんだけど、旅館のお女中さんが
食事を乗せるお凡を運ぶとき、一番下のおぼんから抱えることになるけど、上にあるおぼんもまるごと抱えて運ぶよね。一番下のおぼんというのは最下の極悪人、それより上にあるおぼんは極悪人よりはましな善人の凡夫と聖人ということだね。如来は最下の極悪人までも救うというは、丁度、一番下のおぼんから、一番上のおぼんまで丸がかえするということなんだね。だから、極悪人も救われ、善凡夫も聖人も救われるということなんだね。
 この例えは、如来の大悲心が極悪最下の悪人にまで及んでいるということを示すと同時に、極悪最下の悪人までもが救われるのだから、その上の善人聖人も救われるということを意味している。
 ところで、悪人正機ということを聞くと、自分は悪人であると自覚しなければ救われないのではないか、救いの正機である悪人にならなければならないという方向に話が流れがちになってしまう。これは、間違っていると思っているんだ。別に悪人であるという認識を持たなければならないということはないんだよ。

 

Cさん うん。よく分かったわ。